絵画における二大技法書:これは人体描写の座右の書!ーJ・ハム『人体デッサンの技法』ー

 

前回、A・ルーミス『やさしい人体画』の紹介の所で、二大技法書とのタイトルをつけた。

 

今回はもう一つ素晴らしい技法書の紹介をしようと思う。

 

それがこれである。

 

ジャック・ハム(著),島田照代(訳)『人体デッサンの技法』島田出版 1976年

 

この本自体は大判だが、ページ数が120ページとさほど多くなく、一見頼りない印象をもつが、なかなかどうして、内容はかなり濃い。

 

人体のあらゆる箇所を描くためのアンチョコのような内容で、

 

どこからどこへはどのくらいの距離なのか?

関節可動域はどこまでなのか?

どういう風に描くとそれらしく見えるのか?

 

というような、人体を描く上で痒い所に手が届く内容が盛りだくさんである。

 

この本に付箋で各章を素早く引けるようにして文字通り辞書的に使ったりする人もいるらしい。

 

よく人体を描いていると、どうしても形の把握が曖昧な部分が出てくる。

 

特に初心者が陥りがちなのが、両手・両足の描写だ。

 

頭や胴体がある意味動かないパーツであるのと反対に、

両手両足の可動域は広く、末端の部分の手・足の表現は非常に難しい。

 

そういう人体描写における難しい場所を、サポートしてくれる存在としてこれほど頼もしい本はそうそう無いと思う。

 

 

実際に主もオリジナルの絵を描くときに、この本を辞書的に使う事が多い。

この本を何度も引いて、繰り返し描いているうちに、

自然と人体の適切な描写を身につけられそうである。

 

 

漫画やイラストを描く人には強くすすめたい。

 

いや、必携といっていいほどの名著である。

 

 

ジャック・ハム(著),島田照代(訳)『人体デッサンの技法』島田出版 1976年

【目次】

1・頭部描写への導入

2・顔の造作の描き方

3・髪の描き方

4・頭部の型と比較について

5・さまざまな年代の描き方

6・全身描写の基本

7・トルソー(胴体)と全身

8・全身描写についての原則

9・首と肩の描き方

10・腕の描き方

11・手の描き方

12・脚の描き方

13・足の描き方

14・衣服の描き方